FC2ブログ

スヌーピーの映画・・・まだ先のことだけど

動画



スヌーピーねえ。懐かしい。昔よく見た(読んだ?)なあ。

1年後の公開ということだけど、予告編って、こんなに早く出すんでしたっけ?

スヌーピーの作者がクリスマスについて、こんなことを言っていました。

クリスマスとは、ちょっとした余分のことを誰かのためにしてあげること。
 (チャールズ・シュルツ)



日本ではクリスマスと言えば、恋人がいるとかいないとか、自分はひとりきりだからクリスマスは嫌いだとかいう話をよく聞くけれど、もっと自分のことだけじゃなくて、周りの人のことを考える機会としたいなあ。

東日本大震災のあった年のクリスマスは、何箇所かの仮設住宅を訪問してささやかなクリスマスプレゼントを配布させていただいたけれど、何人もの人が部屋の中に招き入れてくれて、とても温かい気持ちになりました。辛い経験を色々と話しながらも、前へ進もうとしている姿を見て、こちらこそ元気をいただいたものです。

きっと人のために「してあげる」ことなんて、本当はないんじゃないかと思います。実際には、お互いにとても貴重なものを分かち合っているんじゃないでしょうか。「与える」人も「受け取る」人も。だから、ちょっとした余分のことをする機会があれば、どんどんしちゃおうかな。(^^)


関連記事
スポンサーサイト



『Kiss Me』って、何のCMで使われていたんでしたっけ? | Home | 障子の張替え、完了!

コメント

こんにちは。

Xmasに何かを!には少し抵抗がありますが、
日本の祭日は心の贈り物をする日ばかりです。
日本的といえばそれまでですが、奉仕の贈り物が出来る祭日を作る、そんなな日が制定される事を望みます。
心があれば祭日なんて関係ないのが真の奉仕なのでしょうが・・・。

2014/12/10 (Wed) 17:01 | masa #- | URL | 編集
Re: こんにちは。

masa さん、どうも

> Xmasに何かを!には少し抵抗がありますが、
> 日本の祭日は心の贈り物をする日ばかりです。
> 日本的といえばそれまでですが、奉仕の贈り物が出来る祭日を作る、そんなな日が制定される事を望みます。
> 心があれば祭日なんて関係ないのが真の奉仕なのでしょうが・・・。

そうですよね。
きっとシュルツが言っているのも、普段からそうしていれば毎日がクリスマスだというようなことだと思います。
決められた日だけじゃなくて、日頃からそういう気持ちが必要ですね。

2014/12/11 (Thu) 19:29 | ジェイジェイ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する