FC2ブログ

イエス・キリストとマザー・テレサとガンジーの食事会

温かい話

イエス・キリストとマザーテレサとガンジーが食事会(ユニセフの動画)
スウェーデンのUNICEF協会が、同国の広告代理店フォースマン&ボーデンフォース社の協力を得て、人々からあつく尊敬されている歴史上の人物3名が登場する豪華なキャンペーン動画を作成した。
イエス・キリストと、マザー・テレサと、ガンディーの夕食会だ。それに加えて、「普通の男性」もなぜか登場している。(全文はThe Huffington Postで)



なかなか粋な動画です。

最初の動画の説明は記事中にあるように
4人目のこの普通の男性がそこにいるのは
ユニセフのバナーをクリックして
恵まれない子どもたちのために寄付したから。

他の2つの動画の説明があまりないので
ここに書いておきます。

2つ目のやつでは、イエスが聖書を読み終え
これが自分のライフストーリーだと説明。
まわりの人たちは感心します。
そして、「普通の男性」にもライフストーリーを
話してもらうことに。

内容はまったく普通のもので、特に誰かのために
役に立ったとかでもなく、パーティしたり
旅して回ったり・・・。
最後にユニセフのバナーを見つけて寄付をして
困っている子どもたちの命を助けることができたので
この場にいることになったというわけ。
「遅咲きなんだと思う」

そこで、イエスが
「遅咲きかもしれないけれど、見事な花を咲かせたね」

マザー・テレサは
「あなたの全人生は、その子どもたちを救うために
あったのかもしれないわ」

もちろん宣伝だし、大げさでもあるけれど
なかなかいいことを言うなと思いました。
普段は大したことしていないように見えても
いつかどこかで、誰かの役に立つかもしれない。
そういった小さな瞬間を軽んじてはいけないのでしょう。

3つ目の動画では、この普通の男性から
イエスがインターネットの使い方を学んでいるところ。

イエスが間違ったバナーをクリックしたので
「すべてのバナーが命を救うわけじゃないんですよ」
と教える男性。

こういうユーモアを交えつつメッセージを伝える動画
好きだなあ。


関連記事
スポンサーサイト



光陰矢のごとし・・ ^^; | Home | とっておきのクリスマス-心あたたまる12のおはなし

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する