FC2ブログ

今年のイースターの日取りは・・

2J




クリスマスと並んで、キリスト教の大切なお祝いのひとつにイースターがあります。日本でもわりとニュースなどで耳にするようになりました。

イースターは英語での呼び方。日本語だと復活祭と言うように、イエス・キリストの復活を祝う日です。

何日かというと、それが毎年変わるのですよ。というのも、復活祭の日取りは基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」と決められているからです。年によっては、最長1ヶ月ほどの開きがあります。

それに加えて、ロシア正教などユリウス暦を使っている宗派は、同じ決め方であっても、別の日になってしまいます。ややこしい~。(*_*)

でも、今年はどの宗派でも同じ日、4月20日なのです。わかりやすくてよかった!

日本のニュースではイースター・エッグがよく出てきます。ゆで卵の殻に彩色や装飾がほどこされているものです。じっと動かない卵から新しい生命が生まれてくる・・つまり、死と復活を象徴しています。

また、彩色には赤い色がよく使われますが、それは、十字架上で流されたイエス・キリストの血を象徴しています。その血によって人類に救いがもたらされたこと、また、血は生命を表していることが理由です。

イースターの前の1週間を受難週と呼びますが、受難とは、イエス・キリストの裁判や処刑といった精神的・肉体的な苦痛のことを言います。その受難を題材にした受難曲もこの時期にはよく演奏されます。

日本でも有名なのは、バッハのマタイ受難曲でしょうか。対訳版を見つけたので、時間のあるときにでもじっくり楽しんで下さい。






Easter lily

関連記事
スポンサーサイト



友情は・・・友だちに恥ずかしい思いをさせないこと | Home | 友達になることは、最高の贈り物

コメント

説明 良く分かりました

おはようございます! JJさん

イースターのことは漠然とした認識しかなく
今回の説明でよ~く分かりました。
ミッション系の大学は出ましたが
クリスチャンではありませんので、年に
数回程度聖書を開くだけです。

JJさんの毎回の記事は感動ものです。
タイの動画は感銘を受けました。

クラシックは好きですが「マタイ受難曲」は
最後まで聞いたことが有りません。
これを機会に聴いてみようかな。

2014/04/13 (Sun) 12:04 | 花咲かじいさん #ho/Ag0kU | URL | 編集
Re: 説明 良く分かりました

花咲かじいさん(さん)、ありがとうございます。

> イースターのことは漠然とした認識しかなく
> 今回の説明でよ~く分かりました。

理解をお助けできて、良かったです。

> JJさんの毎回の記事は感動ものです。
> タイの動画は感銘を受けました。

あれは、本当に良かったですね。
素晴らしい物を見つけられたので、嬉しいです。

> クラシックは好きですが「マタイ受難曲」は
> 最後まで聞いたことが有りません。
> これを機会に聴いてみようかな。

全部となると、なかなか長いですよね。
今日はあれをバックグランドでかけていました。(^^)

2014/04/13 (Sun) 23:20 | ジェイジェイ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する