FC2ブログ

思いやりを込めて育てられる子は、人を思いやるようになる

ストーリー




今日は友人が何人か遊びに来ました。久しぶりの人もいて、楽しかったなあ。

反抗期の高校生の子どもをもつ母親が、どれだけ子ども好きかを話すと、もう一人の母親(何と14人の子持ち!)が「子どもは天使よね。時々悪さもするけど」 14人も育ててそういうことが言えるのはすごい!

すると、最初の母親が「そこがまた可愛くていいのよね~」 この友だちは、10代の頃非行に走り、20才になるまで鑑別所行きを繰り返していた人です。まわりの人の愛に支えられて更生し、今では立派なお母さん。病気のために子どもは一人しか産めなかったけれど、養子をもらうことを考えたり、とにかく子どもが大好きな人なのです。

こういうお母さんたちに沢山の愛情を注がれて育てられる子どもは幸せですよね。思いやりを込めて育てられる子は、人を思いやるようになるそうです。批判ばかり受けて育つ子は、人を批判するようになるとも。

う~ん、自分はどんな態度と手本をうちの子に示しているだろうか・・・。

この間、愛希穂さんのブログに載っていた話を思い出しました。


北海道新聞の切り抜きに、ある中年男性の投書がありました。

終電車の発車間際に切符なしで飛び乗り、車掌さんが回ってきた時に、切符を買おうと財布を出そうとしたが、財布がなかった。
小銭入れもない。
どこかで落としたのだろうか。

途方にくれたけれども、そのことを正直に車掌さんに言いました。

「すみません。明日、必ず営業所まで行きますから、今日は乗せてください」

ところが、この車掌さん、よほど虫の居所が悪かったのかどうか、許してくれない。
次の駅で降りろ、と言うのです。

次の駅で降りても家に帰る手段はない。
ホームで寝るにしては、北海道の夜は寒すぎる。
どうしようもなくて困っていたら、横に座っていた同じ年格好の中年の男性が回数券をくれたんです。

お礼をしたいからと言って、その男性に名前や住所をたずねたけど、ニコニコ手を振って教えてくれない。

最後は借りたことを忘れて、なぜ教えてくれないのかと文句を言ったら、次のような話をしてくれたんです。

「実は私もあなたと同じ目にあって、そばにいた女子高校生にお金を出してもらったんです。
その子の名前を何とか聞きだそうとしたけど教えてくれない。

「おじさん、それは私のお小遣いだから、返してくれなくて結構です。
それより、今おじさんがお礼だといって私に返したら、私とおじさんだけの親切のやり取りになってしまいます。

もし、私に返す気持があったら、同じように困った人を見かけたらその人を助けてあげてください。
そしたら、私の一つの親切がずっと輪になって、北海道中に広がります。
そうするのが、私は一番うれしいんです。

そうするようにって私、父や母にいつも言われてるんです。」
と私に話してくれました。

出典元

「心ゆたかに生きる 西日本新聞」



そういった子どもさんに育てるには、きっとご両親もそのような親切を日頃からしていて、それを娘さんが見ていたんだろうなあ。

私も、そんな親になれますように。


関連記事
スポンサーサイト



銃を取るものは、銃で・・ | Home | 友情は・・・友だちに恥ずかしい思いをさせないこと

コメント

No title

お邪魔します。Pay It Forwardですね。そうありたいものです。

2014/04/19 (Sat) 09:47 | TORU #- | URL | 編集
Re: No title

TORUさん、ありがとうございます

> Pay It Forwardですね。そうありたいものです。

そうですね
あの映画はとても良かったです(^^)v

2014/04/19 (Sat) 17:41 | ジェイジェイ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する