FC2ブログ

有ること難し・・だから、有難う

ストーリー

(写真:2000ピクセル以上のフリー写真素材集


もうすぐ義母の召天2周年なので、今日は義妹夫婦と一緒に墓へ行き、お祈りをしてきました。

先日も書いたように、息子の親離れが加速しているので、このGWに家族で出かけるのは、これだけになりそうです。(*_*) 今まで以上に、家族の時間が貴重なものとなってきましたねえ。大切にしないと。

このあいだ、愛希穂さんの「『ありがとう』の反対は?」という記事に、考えさせられる話が載っていたので、紹介させてもらいます。


晩酌の時、いつも無口の夫が、「ちょっと、お酌してくれないか?」と珍しく妻に言った。

台所の片付けをしていた妻は、「今、忙しいから自分でやって」と答えた。

夫は少し寂しそうだったが、手酌で酒をついだ。

その、2~3時間後、夫は急に倒れ、救急車で病院に運ばれ、帰らぬ人となってしまった。

それから、妻は、何故あの時、夫にお酌をしてあげなかったのかと、ずっと悔やんだという。

あの時何故、もっと優しい言葉で、こぼれるような笑顔で、感謝の言葉で、接することができなかったのか…

誰しも、今日と同じ日が明日も繰り返されると思う。

今日、誰かと出逢い、話し、笑い、食事をして、仕事ができる。

こんな当たり前だと思うことが、本当は奇跡の連続なのだ。

「有ること難し」

生きて、出逢う、という奇跡の連続に、「ありがとう」を言わずにいられない。



「親孝行したいときに親はなし」と言いますが、親であれ、夫婦であれ、子どもであれ、友だちであれ、いついなくなるのか、誰にもわからない。今のうちに、一緒のひとときを大切にしようと思いました。

「有ること難し」で「ありがたし」「ありがたい」「ありがとう」・・・

毎日の平凡な出来事も、それが最後の時かもしれない特別のことであり、ありがたいことなんですね。感謝。


私たちの生き方には二通りしかない。 奇跡など全く起こらないかのように生きるか、すべてが奇跡であるかのように生きるかである。
~アルベルト・アインシュタイン



ところで、皆さんは「ありがとう」の反対が何なのか、わかりましたか?

答えは、こちらのブログでどうぞ。(^^)


関連記事
スポンサーサイト



Tag: 名言 | Edit
月曜、火曜、水曜・・・で泣けますか? | Home | 母の日は、こうやって始まった

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する