FC2ブログ

励ましの力

ストーリー



20世紀最大のテノール歌手と言われるエンリコ・カルーソーです。

有名な曲で、歌詞が和訳されていたので見てみました。・・・こんな意味だったんだ。悲しきかな、男よ。(笑)

彼については、こんな話があります。

1873年、エンリコはナポリの貧しい機械工の息子として生まれました。彼自身、11歳にして機械工の見習いとなり、その後、父親と同じ工場で働いています。そのまま行けば、おそらく一生を機械工として過ごしたのではないでしょうか。

でも、母親はエンリコの才能を認め、歌を習わせました。ところが、最初の先生はあまり評価してくれず、「雨戸を吹き抜ける風みたいな声だ。君には歌は無理だね」と言い放ったのです。(そこまで言うか!)

でも、母親はそんな言葉には耳を貸さず、エンリコを抱きしめ、こう言いました。「お前にはちゃんと歌えるさ。どんどん上手くなっているじゃないの」

そして、息子が歌の練習を続けられるようにと、「母は靴も買わずに裸足で暮らした」とエンリコが言うほど、自分を犠牲にし、身を粉にして働き続けました。

母親が他界してからも、エンリコは母親の励ましを胸に頑張り続け、20代前半でついに大きな成功を掴んだのです。

エンリコ少年が、あの先生の言葉を信じ込んでいたら・・・母親が、そこで息子を励ましていなかったら・・・。

どうも人間って、相手を批判しやすいんですよね。そのほうが簡単なのかな。でも、もっと励ますようにしたいなと、改めて感じました。


関連記事
スポンサーサイト



ある医者の処方薬 | Home | 泥に咲く花

コメント

No title

ジェイジェイさん こんばんは。

このお母さまはすばらしいですね!
子どもに対しては もっとああして こうして・・・ 
とついつい批判しがちです。
こうしてほめて励ますことは ほんとうに大切だと 
子育てが終わった今 つくづく思わされます。

2014/07/22 (Tue) 23:07 | petero k #- | URL | 編集
No title

petero kさん、
うちはまだもうすこし子育て時間があるので、がんばります。^^;

2014/08/04 (Mon) 18:48 | ジェイジェイ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する