FC2ブログ

虹は別れの言葉

動画



『花子とアン』、見ています。私が翻訳の仕事をしているので、そういった意味でも村岡花子に興味があって。(まあ、この朝ドラ、かなり実話からかけ離れた創作部分があり、フィクションという位置づけにはなっていますが)

先週は息子の歩くんが疫痢で命を落とすところで、花子の悲しみは、ドラマとはいえ痛々しかったです。

「私みたいな母親のところに生まれてこなければ、歩はもっと幸せになれた! 私の子になんか生まれてこなければよかったのに!」

誰か近い人や家族をなくすと、自分を責めるというのはよくあることですよね。

そこで旦那が花子に教えてくれたのは、歩くんの生前の言葉。

「神様と雲の上から見てたんだ。そしたら、お母ちゃまが見えたの。お母ちゃま、英語のご本を読んだり、紙にお話を書いたり、忙しそうだったよ。でも、楽しそうだった。だから神様に頼んだの。僕はあの女の人のところに行きたいです、って」

そして、空にきれいな虹がかかるのです。

どうしてこれを書いているかというと、実は先々週(つまり、ドラマの放映の前の週)、友人の息子さんが水難事故で天国へ旅立ちました。友人夫婦にとって、それはひどいショックであり、深い悲しみに襲われました。でも、その中にあっても、神が共にいてくださるのを感じたそうなのです。

先ず、息子さんが亡くなった時にきれいな虹がかかり、しかも2重でした。

そして、その数日後、お祈りをした直後に、またも大きな虹がかかり、それが2重に変わりました。

ダブルレインボーって、どれくらいありふれたものなのでしょう。私自身は、今までに1度しか見たことがありません。それが、ほんの数日の間に2回も現れたというので、友人夫婦はそれを神様からの愛と慰めのしるしと取ったようです。

そんな話を聞いた後だったので、今回のドラマのシーンは、とりわけ心に残りました。

これはダイジェスト映像には出てこないのですが、ドラマの回想シーンで、雲が地上での役割を終えた後に起こることについて、歩くんがこんなことを言っています。

「僕、わかったよ。雲はね、雨を降らせて、消えちゃったあと、虹になるんだよ。お別れに、お空の虹になったんだ」

そして、最後に、花子が原稿用紙に書いている言葉。

夕立のあった場所一帯に、美しい美しい虹が、雲のための凱旋門のようにアーチを作り、天にあるだけの輝いた光線が、虹のアーチに色をつけました。自分の命を消してまでも、人間のために尽くした大きな雲の愛の心が、別れの言葉として残した挨拶は、その、虹だったのです。



放映時間の制約のためか、立ち直りスイッチの切り替えが早すぎる感は否めませんが、これから虹を見る度に、このエピソードを思い出しそうです。



連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
(2014/03/25)
NHK出版、 他

商品詳細を見る


アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)
(2011/08/28)
村岡 恵理

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト



当たり前じゃないってこと | Home | 『生まれてはじめて』 方言で歌ってみよう

コメント

泣きました

子どもを授かってから 子どもの病気や死に対してすごく共感するようになった気がします。

元気でいてくれるありがたさを忘れてしまいがちですが・・・。
こういう場面を見ると反省します。

子どもさんに先立たれてしまう親御さんのお気持ち。
乗り越える事もきっと一生癒えることはないと思いますが・・・。

少しでも穏やかになってくださいますように・・・。

2014/08/24 (Sun) 18:56 | アンパンウーマン(MGかーさん) #mbwhQQ6o | URL | 編集
No title

初めまして、amiです。
先日シドニーのお友達と、来年
「神様とのやくそく」という子供たちが記憶に残っている生まれてくるときに神様と約束して来たことの映画を上映することにしました。
そのときに、このドラマの話が出て来て、NHKも変わったね。と聞いていました。
見せていただけてよかったです。
ありがとうございました。

2014/08/24 (Sun) 22:59 | ami #- | URL | 編集
No title

こんにちは。

私はこのドラマを見ていませんが、歩くんの言葉、ジーンときますね。

「だから神様に頼んだの。僕はあの女の人のところに行きたいです、って」

神様が私を選び、子どもが私を選び来てくれた。それを思うと、私は全然その期待には応えていないなって・・・そう反省はするのですが、でも、子どもへの愛しさがより募ってもきます。


ブログの記事とはそれますが、
ジェイジェイ様は翻訳のお仕事をされているのですね。
実は私、20代後半の頃、「バベル」の翻訳の通信講座を受講していたのですが、残す所ところ、あと2回というところで挫折しました。
英語力もそうですが、日本語能力の足りなさを痛感しました。
ですので、翻訳のお仕事をされている方って、羨ましいです。

ジェイジェイ様、もし可能ならば、オズワルド・チャンバーズの『いと高き方のもとに』を翻訳し直すなんて、どうですか?
日本語訳ありますが、誤訳とか、意訳のしすぎではないかと思われる箇所がいくつかあって、なんとかならないのかな~って思っているんです。

2014/08/25 (Mon) 11:22 | 愛希穂 #- | URL | 編集
Re: 泣きました

アンパンウーマンさん、ありがとうございます

> 子どもを授かってから 子どもの病気や死に対してすごく共感するようになった気がします。

そうですよねえ
友人からの知らせを聞いた時は、やはり自分の息子のことを考え、胸が痛みました

> 子どもさんに先立たれてしまう親御さんのお気持ち。
> 乗り越える事もきっと一生癒えることはないと思いますが・・・。
> 少しでも穏やかになってくださいますように・・・。

もちろん、初めはものすごく泣いたそうですが・・
それでも、虹のこともあるし、天国へ行った息子さんの声が励ましてくれたりするので
大丈夫だと言っていました
それに、他の子どもさんもいるので、そのためにも、気を強くとは思っているようです

2014/08/27 (Wed) 17:48 | ジェイジェイ #- | URL | 編集
Re: No title

amiさん、ありがとうございます

> 先日シドニーのお友達と、来年
> 「神様とのやくそく」という子供たちが記憶に残っている生まれてくるときに神様と約束して来たことの映画を上映することにしました。

見たことはないですが、そういう話はよくあるようですね

臨死体験をした人の本をいくつも読みましたが
その人たちの幾人かも、同じようなことを書いていました

誰もが、しっかりとした理由があって、生まれてきたのだと思います

2014/08/27 (Wed) 17:52 | ジェイジェイ #- | URL | 編集
Re: No title

愛希穂さん、ありがとうございます

> 私はこのドラマを見ていませんが、歩くんの言葉、ジーンときますね。
> 「だから神様に頼んだの。僕はあの女の人のところに行きたいです、って」
> 神様が私を選び、子どもが私を選び来てくれた。それを思うと、私は全然その期待には応えていないなって・・・そう反省はするのですが、でも、子どもへの愛しさがより募ってもきます。

臨死体験をしたある人の話では、地上では親子でも、天国では友達同士だった人たちもいるそうですよ
お互いのことを選んだそうです
地上にいる間はそういったことは覚えていないですよね
だから、色んな意味で相手をないがしろにしたり、ついつい傷つけてしまったりするのでしょうね
それもまた人生、そして、学びの機会なのでしょう・・

> ジェイジェイ様は翻訳のお仕事をされているのですね。
> 実は私、20代後半の頃、「バベル」の翻訳の通信講座を受講していたのですが、残す所ところ、あと2回というところで挫折しました。

あれ~、それは残念でしたね
もう一歩・・・
またトライする気持ちはないのですか? (^^)

> ジェイジェイ様、もし可能ならば、オズワルド・チャンバーズの『いと高き方のもとに』を翻訳し直すなんて、どうですか?
> 日本語訳ありますが、誤訳とか、意訳のしすぎではないかと思われる箇所がいくつかあって、なんとかならないのかな~って思っているんです。

デボーショナル本はいろいろあるのですが、その本は読んだことないですね
・・・と思いつつ、アマゾンで見てみたら、中古で6千円ですか・・・
プレミアム価格になるくらいだから
翻訳が古くて、余計に間違いが目立ったりとかするのかもしれません

出版社と直接取引をすることがないので、私がするのは、ちょっと難しいでしょうね・・

カウマンの『荒野の泉』を持っていて、言葉の古さとか訳のまずさとかが気になっていましたが
きっとそういう声が多かったようで、数年前に翻訳しなおしたようです

『いと高き方のもとに』の方も、気になる箇所を具体的にあげてみれば、考慮してくれるかもしれませんよ

2014/08/27 (Wed) 18:14 | ジェイジェイ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する