FC2ブログ

子どもには無限の可能性がある

動画




なんか久しぶりに彼女(レーナ・マリア)の動画を見たような。

どうして見てたかというと、こんな記事を見つけたから。

美しい。左手がない少女に「無限の可能性」を示したい母が撮った写真
バイオレットは生まれつき左手がありません。さらに、彼女は「ヒルシュスプルング病」という先天的な腸の難病を抱えており、生まれてすぐに大きな手術を受けました。その時、彼女の母で写真家のホリー・スプリングは彼女の写真を撮り続けることを決めました。ホリーはバイオレットに「自分を信じていれば、できないことなどない。」ということを示したいと言います。



(素敵な写真ばかりなので、是非この記事の方も見て下さいね~)

レーナ・マリアは両手がなく、片足も短くて、常識で考えるなら普通の生活はなかなか難しそうだけれど、両親はなるべく普通の子として育てたとか。おかげで、ひとりでほぼ何でもできるようになって、車の運転までしちゃう。(特別仕様車のはずだけど)。障害のあるなしにかかわらず、親が子どもの可能性を信じることって、大切なんだと思います。

彼女、こんなことも言っていたなあ。

両親は、私を障害者レーナ・マリアとして育てず、ひとりの娘レーナ・マリアとして育ててくれました。そして、いつも「あなたは価値ある存在です。私たちはあなたをとても愛しています」と言って育ててくれました。そして、それ以上に神様が私を愛してくださっていることや、私には神様の特別な御計画がおありになるから、他の人と違う形に造られたということを、常に話してくれました。



子どもを信じることと愛すること。きっと、最強の組み合わせでしょう。

自分は子どもに対してどうだろうと自問しつつ書いてます。(^^ゞ



関連記事
スポンサーサイト



ストーリーの終え方 | Home | 1万円札と人間

コメント

No title

こんばんは~~♪
障害があって産まれても
周りの人の愛情と素敵なサポートがあると
子供は本当に才能をのばせるのですね。
素敵なお話をありがとうございました。

2014/09/08 (Mon) 20:14 | りんだ #afXvPe0k | URL | 編集
Re: No title

りんださん、ありがとうございます。

> 障害があって産まれても
> 周りの人の愛情と素敵なサポートがあると
> 子供は本当に才能をのばせるのですね。

そうですね。
どんな子どもも(大人も)同じように
そういったサポートが必要なのだと思います

2014/09/10 (Wed) 21:31 | ジェイジェイ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する